HOME > FC概要 > 湘南藤沢フィルムコミッション概要

湘南藤沢フィルム・コミッション概要

目的

藤沢市内における映画、TVドラマ等のロケーション撮影に伴い、 支援並びに誘致する機関として観光課内に「湘南藤沢フィルム・コミッション」事務局を設置し、総合窓口(ワンストップ・サービス)を設けて、 周知並びに機能の充実をはかり地域経済の活性化を目途に地域振興並びに観光振興に寄与する。

ロケーション撮影に伴う支援・協力要請

  1. ロケーション撮影に伴い各部課が管轄する公共施設等の許認可に対する積極的な支援並びに協力体制を依頼。
  2. 教育・福祉・公園等の公共施設使用に伴う申請書等及び根拠法令、条例等の資料提供を依頼。
  3. 撮影に求められる市内ロケーションの紹介。
  4. 市民エキストラ・物件登録者の撮影協力手配。

フィルム・コミッションとは

映画、TVドラマ、CMなどのロケーション撮影を誘致し、 実際のロケを円滑に推進するための環境整備として、許認可手続き等、ロケに係わる諸問題の窓口を受け持つ非営利的な公的機関である。
この機関は、欧米(ハリウッド)を中心にロケ撮影を支援するための組織として確立され、 世界31カ国に約300団体が組織されている。
これらの多くは自治体等に組織され国内外の国際的ロケーション誘致・支援活動の窓口として地域経済、 観光振興に大きな効果をもたらしている。

フィルム・コミッションを組織するメリット

  1. 撮影地域の情報発信のルートが増える。
  2. ロケーション撮影が長期間に及ぶことで、飲食・宿泊・レンタル用具等の需要図られる事により「直接的経済効果」が見込まれる。
  3. 作品(映画、TVドラマ、CM等)を通じて地域のイメージアップが図られ、ロケ地を訪れる観光客並びに居住者の増加により「間接的経済効果」が見込まれる。
  4. 映画、TVドラマ等を通じて地域住民が地元への再認識や愛着を深め、映像文化への関心が高まる。

フィルム・コミッションの業務内容

  1. 映画制作・ロケ撮影の誘致活動
    • ロケーションガイド(映像のデータベース)
    • ホームページによる紹介
  2. ロケ撮影に伴う業務
    • 撮影許可等の交渉
    • 撮影スタッフの宿泊施設・お弁当などの紹介
    • 撮影用具のレンタルの斡旋
  3. 各種協力要請
    • エキストラの確保及び協力
    • 撮影にかかる使用料、施設入場料などの優遇措置
    • その他、近隣FCとの交流、情報交換、連携

「湘南藤沢フィルム・コミッション委員会」(2002年11月設立)

(組織編成)
 委員長
 委 員:藤沢警察署・藤沢北警察署・藤沢商工会議所・鉄道事業者・藤沢青年会議所・ 商店会連合会・関連民間企業等・神奈川県

「藤沢市ロケ支援協議会」(2002年10月設立)

庁内には、支援プロジェクトを設け、管轄する部の調整課を通じて職員の推薦を求め、 映画等制作会社を交えて撮影企画内容をもとに撮影地における許認可について協議し調整する。
(組織編成)
 総務部・企画部・財務部・市民自治部・福祉健康部・環境部・経済部・計画建築部・都市整備部・土木部・市民病院・消防本部・教育委員会等

組織体制

  1. 「湘南藤沢フィルム・コミッション」事務局の設立(2002年9月3日付)
    • 藤沢市経済部観光課内に事務局を設ける。
    • スタッフ構成:(公社)藤沢市観光協会より出向の専属スタッフ3名常勤
  2. 市民エキストラ、ロケ場所物件、随時登録募集。
  3. 市内及び近隣の各大学映画サークル等の学生との連携(映像制作・フィルムコミッション事業に関する相互協力)